退院祝い 石鹸

退院祝いの品としての石鹸について等

スポンサーリンク
 

 人間は生きているうちに何度も様々な疾患にかかる事があり、完治するまでに長い時間を必要としてしまう事も少なくないです。
また状態が重かったりすると入院して治療になってしまう場合もあり、長期間に渡って入院を余儀なくされる事もあります。
知り合いが入院したとなると周囲の人達に心配をかける事になりますが、中にはお見舞いに訪れてくれる人もいます。
入院をしていると気持ちが滅入ってくる事もあるので、そういった時のお見舞いはとても心の支えとなってくれます。
 入院している人を見舞う際にはお見舞いの品を持っていく事が多く、その中身に関して悩むという人も少なくないです。
一般的にはお花やお菓子、退屈しのぎになる本や雑誌等を贈って喜ばれるというケースがあります。
ただし、どういった物が良いかについては入院している人の好み等もあるので、慎重に選ぶ事が大切だと言えます。
また疾患の種類によっては食べ物や飲み物に制限が起きている可能性もあるので、充分に状況を把握してから選択するのが重要になります。

スポンサーリンク

 ちなみにお見舞いに行く予定だったけれど間に合わず、そうこうしているうちに本人が退院してしまったというケースも少なくないです。
こういった場合にはお見舞いではなく、改めて退院祝いという形でお祝いの品を贈るのが望ましいと言えます。
 退院祝いとして贈る品物についてもお見舞いと同様に、相手の好みの物や相手の負担とならない物を贈るのが理想的です。
具体的には形に残らない物が良いとされているので、石鹸等の消耗品やお菓子、商品券等を贈るのが良いと言われています。
退院祝いで贈る品物は3000〜5000円程度の品物を贈るのが一般的で、それ以上の金額の退院祝いは相手の負担になるので注意が必要です。
ちなみに退院祝いを渡すタイミングは本人が退院してから、1週間〜10日程度経過してからが良いとされています。
 ところで退院祝いとして石鹸を贈るというのは定番ですが、石鹸はいくつあっても助かる物なので喜ばれます。
石鹸は普段の手洗いに使ったり洗濯の時に使ったりする事もあるので、石鹸があって困る事はないと言えます。
また石鹸は物等を綺麗にするのが役割なので、病気が綺麗に治るという意味もある事から石鹸が退院祝いに選ばれる事もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの贈り物に花を贈るときのポイント
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに花を贈る場合のマナーについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの贈り物のマナーについて等
退院祝いのマナーについてです。