退院祝い 贈り物 花

退院祝いの贈り物に花を贈るときのポイント

スポンサーリンク
 

 入院していた人に退院祝いとして贈り物に花を贈ることは一般的です。
花であれば、見た目にも美しく目を楽しませることができる贈り物ですが、相手方のこともきちんと考えて贈らなければ負担になってしまうこともあるため注意が必要となります。
まず、退院祝いの贈り物を届けるタイミングとしては、退院後落ち着いた時に贈ることが必要です。
7〜10日ほどの大安などの暦の良い日に贈ることで、相手方も落ち着いて退院祝いを受け取れると思います。
花を贈り物にしたいという場合には、生花が贈り物の基本となります。
プリザーブドフラワーやドライフラワーなどは長持ちする分、病気や怪我の完治も長くかかるようなイメージになるため避けるようにします。
鉢植えのものも病気や怪我を根付かせるという意味になってしまうため送らない方が無難です。
どうしても鉢植えを贈りたい場合には胡蝶蘭などの良い意味の花言葉があるものなら送っても良いとされています。
また、花瓶や水の取り替えなどを手入れが少ないものを選ぶことも大切です。

スポンサーリンク

退院祝いの贈り物として花を選ぶときには、避けた方が良いものもあります。
色や香り、花言葉などを注意するのはマナーともいえます。
白や青色、紫系などはお悔やみのときに使われることが多いため避けた方がよく、どうしても寒色系のものを贈りたい場合には、差し色として使うか相手が好きな色だからと一言添えるようにしていきます。
退院祝いとしてふさわしい色としては、ピンクや黄色、オレンジなど明るい色を選ぶことがオススメです。
百合やストック、スイセンなどは見栄えがするものですが、香りが強いため避けるようにしていきます。
その他避けたいものとしては、シクラメンや椿、チューリップなど語感や性質が退院祝いとしては相応しくないとされています。
退院祝いの贈り物として無難なものですが、花粉アレルギーなどがないかということもきちんと把握してから贈ることが大切です。
どんなものを贈ったら良いのかわからないという場合には、店員に相談するのも良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いに花を贈る場合のマナーについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの贈り物のマナーについて等
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの品としての石鹸について等
退院祝いのマナーについてです。