退院祝いの品物

退院祝いの品物のマナーについて

スポンサーリンク
 

 退院祝いの品物におけるマナーについていくつか決まりがあり、1つめに食品や消耗品を贈ることが大切です。
厄を追い払うというイメージがある商品なので、退院祝いの品物として食べ物やタオルなどの詰め合わせが人気となっています。
フルーツやお菓子といった食べ物については、病気や怪我が残らないというイメージがある商品です。
またリンゴやミカンといったフルーツについては、ビタミンという栄養素を多く含んでいます。
そのため栄養価の高い食べ物や果物でもあるため、退院祝いの品物として定番商品となっています。
そしてタオルや石鹸などの詰め合わせについては、体に残った厄や病気などを洗い流すという意味が込められています。
またこれらの商品はいずれも数千円から5千円前後で購入出来るため、退院祝いの品物としても高額にならないのもポイントです。
一般的に退院祝いの品物を贈る場合には、大体1万円以内の商品をプレゼントするのが良いと認識されています。

スポンサーリンク

 2つめの退院祝いの品物をプレゼントする時のマナーとして、商品を贈る時期が重要となっています。
一般的に病院を退院してから、数日から1ヶ月以内に退院祝いの品物を贈ることがマナーとなります。
商品の受け渡し方法については細かい指定はないので、直接渡すもしくは郵送のどちらでも問題ないです。
また退院祝いの品物を贈る場合において、商品とは別に色紙などでメッセージを添えるのも良いです。
無事退院出来たことを祝福する言葉を書くことで、より相手を気遣う気持ちを伝えることが可能です。
退院祝いの品物を贈る場合のポイントとして、お見舞いをした時の対応によって若干異なります。
退院祝いを贈る前にお見舞い金などを渡している時には、原則フルーツやタオルなどの詰め合わせはプレゼントする必要はないです。
お見舞い金もしくは退院祝いのいずれかを相手に渡せば良いため、どちらか片方を行うのがマナーとなっています。
なので事前にお見舞いをしたのであれば、退院祝いについては贈らなくてもマナー違反にはならないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加