退院祝い 封筒

退院祝いの際に使用する封筒について

スポンサーリンク
 

 退院祝いは一般的にはけがや病気で入院していた方に対して渡すものですが、ほかにもお見舞いが遅くなった場合や退院された後に入院していたことを知った場合になどにも、お見舞いの代わりとして退院祝いを贈る場合もあります。
退院祝いを贈る際にも使用する封筒や封筒の表書きなど様々なマナーが存在するため注意しましょう。
使用する封筒は紅白の結び切りののし袋を使います。
病気や怪我はおめでたいことではないからという理由で不祝儀袋がイメージされる場合もありますが、退院祝いを贈る際に封筒に不祝儀袋を使うとマナー違反になってしまうため注意しましょう。
紅白の結びきりののし袋は病気や怪我、結婚式など繰り返すことが良くないとされている場合に使用されます。
逆に繰り返しても問題がない入学祝や出産祝いなどの場合には封筒は蝶結びののし袋が使われます。
このようにのし袋には様々な種類があるため注意しましょう。
特に目上の方や職場関係の方に退院祝い渡すときに使用する封筒を間違えると、トラブルになってしまう可能性もあるため十分注意しましょう。

スポンサーリンク

退院祝いを贈る際にもさまざまなマナーが存在します。
もちろんマナーを守って相手を不快にさせないことも重要ですが、封筒の書き方一つでも相手を気遣うことができます。
人間関係を円滑に進めるうえでもマナー違反をしないように注意して、なおかつ相手を気遣う気持ちを伝えるようにしましょう。
まず退院祝いの際には封筒は紅白の結びきりののし袋を使用します。
紅白の結びきりののし袋には「二度と繰り返さないように」という意味合いがあるため、退院祝いのほかにも結婚式などでも使用されます。
のし袋には様々な種類があるため、購入時に不安がある場合には、きちんと場面にあった種類のものを調べて間違いがないように注意しましょう。
それから表書きは水引の上部に「祝 御退院」、下部に贈り主の名前を書くのが一般的とされています。
上部に「祝 御全快」「祈 御全快」などと書く場合もありますが、これらは相手の状態によって変わってくるので詳細が分からない場合には「祝 御退院」と書く方が無難です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加