退院祝いのお返しは

退院祝いのお返しはどんな商品が良いのか

スポンサーリンク
 

 病気や怪我などで退院祝いをもらった場合には、後日そのお返しを相手に対してするのが日本の風習となっています。
そこで退院祝いのお返しはどんな商品が良いのか説明していくと、基本的に縁起が良い品を選ぶことがポイントです。
日本における縁起物として認識されている商品として、食べ物や洗い流すことが出来る品が最適です。
退院祝いのお返しは基本的にこれらの商品のいずれかを返すことで、マナーを守ることが出来ます。
食べ物は果物やお菓子などが最適となっており、退院祝いのお返しはこれらの食品をプレゼントするのが良いです。
また洗い流すことが出来る商品については、タオルや石鹸や入浴剤などがピッタリです。
これらの退院祝いのお返しは必ずする必要があり、なるべく早めに行うことがポイントです。
退院祝いの品を受け取ったら、数日から10日以内に贈り返すことが重要です。
退院祝いのお返しは日本の風習や習慣となっているので、忘れないように注意が必要です。

スポンサーリンク

 退院祝いのお返しは出来るだけ早めに行うことが重要で、一般的に果物やタオルや石鹸などの縁起物をプレゼントするのが良いです。
そこでもう少し詳しく説明していくと、退院祝いのお返しはお見舞い返しとも言われています。
お見舞いや退院祝いの時に受け取った商品について、相場の半額程度の品をお返しすることがマナーとなっています。
例えば1万円のお見舞い品や退院祝いをしてもらった時には、5千円前後の商品をプレゼントします。
贈る商品については共通しており、果物やタオルや石鹸などの詰め合わせが効果的です。
また商品を贈る場合において、会社や職場で配る時には詰め合わせではなく個別にお菓子などを配ることも可能です。
職場などに重く数が多い商品を持ってくると、持って帰る時に荷物になってしまう可能性があります。
なのでお菓子の詰め合わせなどを持っていく場合には、小さい袋などに入れると効果的です。
なお知人や同僚などの自宅に配送する場合には、小さい袋などに詰め替える必要はないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いのお返し金額について
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いのお返しの文例について
退院祝いのマナーについてです。