退院祝い 表書き

退院祝いの表書きはフルネームでの記入で、百貨店で相談も可能です

スポンサーリンク
 

 退院祝いの表書きで名前を書く際には、名前はフルネームで記入することがマナーとなります。
名字だけでの記入だと名前が珍しい場合には特に問題がありませんが、多い名字の場合には誰からの退院祝いかの見分けが困難になります。
このため、フルネームで記入することによって退院祝いの送り相手に対して判別しやすいようにするための配慮としてフルネームでの記入を行うことが求められます。
また、退院祝いとして現金を送る場合には表書きだけでなく、現金を入れる袋についても名前をフルネームで記入することです。
現金袋についても名前の判別をしやすいようにする配慮があり、さらに金額も明記することによってより判別しやすいことから記入すると良いです。
表書きの書き方については、ペンで書くよりも筆で表書きで行う方が雰囲気などの見た目が綺麗なことから好まれます。
また、色に関しては黒色が無難で、青や赤といった色は良くないことを連想することから控えと良いです。

スポンサーリンク

退院祝いの表書きの書き方に迷った場合には、百貨店の活用が有効です。
百貨店には、冠婚葬祭の専門店の入店や専用カウンターが設置されており、冠婚葬祭について専門の知識を持つスタッフが常駐しています。
退院祝いの品物や金額の相場などの相談をすることが出来、表書きについても助言を行ってくれます。
さらにスタッフによっては、表書きなどの記入出来るスタッフもおり、代筆にて記入を行ってくれるので、最適な退院祝いの表書きにすることが出来ます。
多くの百貨店では、費用の負担がなく利用出来るので、気軽に相談することが可能となっています。
そして、冠婚葬祭やビジネスなど様々なマナーに関する関心が高まっており、専門書の登場や生活情報誌などの書籍でも取り上げられる傾向が増加し、退院祝いなどの表書きに関する情報も得やすくなっています。
マナー講師や大学教授などの専門家が監修し、アドバイスを行っているので、参考にすることが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加