退院祝い 快気祝い 違い

退院祝いと快気祝いの違いについて等

スポンサーリンク
 

 人間は生きていく上で様々な病気にかかる事も多く、完治するまでに長い期間を必要としたりする事もあります。
ひどい時には長期間入院して治療を受けるケースもあり、入院となると多くの人達に心配をかけてしまう事も少なくないです。
実際に入院中にはお見舞いに訪れてくれる人もいて、鬱々としがちな心の良き支えとなってくれる事もあります。
 ちなみに入院している人の元へお見舞いに伺う場合には、お見舞いの品を持っていく事も少なくないです。
入院している人の好物や退屈しのぎの本等を持って行ったり、中には現金を持っていくという人もいます。
 また入院している知人がめでたく退院となった場合には、退院祝いを贈るというケースも少なくないです。
ちなみにお見舞いだけで済ますケースもあり、中にはお見舞いが間に合わなかったので退院祝いを贈るというケースもあります。
退院祝いの中身に関しては人それぞれですが、3000〜5000円程度の品や現金を用意するという人が多いと言われています。

スポンサーリンク

 ちなみに退院祝いと同じようにして聞くものの一つに、快気祝いと呼ばれるものの存在があります。
この二つの違いがハッキリとしていない人も少なくないので、きちんと違いを理解しておく事が大切だと言えます。
退院祝いと快気祝いの違いに関しては、贈るのがどちら立場の人かの違いだと言えます。
 退院祝いは入院していた人に対して贈るものですが、快気祝いは入院していた人が心配してくれた人に贈るものとなっています。
入院していた人が無事に退院する事が出来ましたという報告をかねて贈るのが快気祝いなので、こういった点に違いがあるのです。
退院祝いと快気祝いは使い方の違いを理解していないと恥ずかしい思いをする事もあるので、予め違いを理解しておく事が大切だと言えます。
 ちなみに快気祝いは形が残らない物が良いとされているので、紅茶等の飲み物やお菓子、商品券等が最適だと言われています。
快気祝いを渡す時期に関しては退院してから1週間〜10日程度経ってから、退院の報告をかねて行うのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加