退院祝い 意味

退院祝いを送る意味と注意点について

スポンサーリンク
 

 病気や怪我などで入院生活をしていた相手が退院した時に、退院祝いとして金券屋商品などを送る習慣が日本にはあります。
この退院祝いを行う意味を説明していくと、病気もしくは怪我が無事完治出来たことを喜ぶためのものです。
相手の退院を祝うという意味があるので、送るタイミングについては完治後となっています。
一種の祝い事としての意味がありますが、ポイントとして数千円から1万円前後が相場となっています。
また退院祝いを送る場合のポイントとして、必ず現金ではなく商品に変えるということが大切です。
退院祝いには厄払いをするという意味もあり、病気や怪我をしてしまった不幸を洗い流す商品が送られることが多いです。
一般的にはタオルや石鹸の詰め合わせなどが人気となっており、これらの商品には不幸を洗い流すことが出来ると言い伝えられています。
また退院した相手が食べ物が好きであれば、お菓子やフルーツの詰め合わせを送るのも効果的です。

スポンサーリンク

 日本で退院祝いを送る意味として厄を追い払うということが重要視されており、タオルや石鹸などの詰め合わせが人気です。
そこで次に退院祝いをする時の注意点を説明していくと、不幸や不吉なものを暗示させる商品が送らないようにすることです。
お葬式の時に使用する菊の花などは厳禁となっており、不幸や死を意味することが関係しています。
仮にフラワーアレンジメントや生け花が趣味であっても、退院祝いには選ばない方が良いです。
またシーツや布団といった寝具類についても、退院祝いの際にはプレゼントしてはいけない商品となっています。
理由として病気や怪我などが残ると連想させてしまう意味があるので、シーツや布団などもプレゼントしないように注意が必要です。
他にも相手が嫌がる商品やプレゼントについても、極力避けることも大切です。
なおどうしても退院祝いの商品選びに迷った時には、1万円以内の商品券や旅行券といった金券をプレゼントするのも良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加