退院祝い 袋

退院祝いを贈る場合ののし袋などのマナーについて

スポンサーリンク
 

 退院祝いを贈る際にもさまざまなマナーが存在します。
特に退院祝いを目上の方や職場関係の方に渡す場合に失礼があってしまうと、その後の人間関係に支障がある可能性もあるため注意しましょう。
まず退院祝いを贈る際の代表的なマナーの一つとして使用するのし袋についてがあげられます。
退院祝いの際には紅白の結びきりののし袋を使用します。
紅白の結びきりには二度と繰り返さないといった意味があるため、退院祝いのほかにも結婚式などのお祝いの際にも使用されます。
お祝い用ののし袋には様々な種類があるため注意しましょう。
また不祝儀袋を使ってしまうとマナー違反となってしまうため注意しましょう。
表書きには水引の上に「祝 御退院」、下に名前を書きます。
名前はフルネームでも名字だけでも問題ありません。
ほかにも贈るタイミングや品物の選択、その金額の相場など様々な注意すべきマナーが存在するため、退院祝いを贈る際にはマナー違反をしてしまわないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

退院祝いは一般的にはけがや病気で入院されていた方が退院した際に贈るものですが、ほかにもお見舞いが遅れた場合や退院後に入院していたことを知った場合などにも贈る場合もあります。
表書きや使用するのし袋など様々な決まりごとがあるため間違いがないように注意しましょう。
贈る相手との関係性によっては、その後の人間関係に支障をきたしてしまう可能性もあります。
まず使用するのし袋は紅白の結びきりがついたのし袋を使用します。
間違えて不祝儀袋や蝶結びのものを使ってしまうと失礼にあたるため、用意する際に不安があるようならきちんと情報を調べましょう。
表書きは相手の状態によっては「祝 御全快」、「祈 御全快」などと書き分ける場合もありますが、書き方に不安があったり相手の状態の詳細が分からない場合などには「祝 御退院」と書きましょう。
それから贈る品物の選択にも注意しましょう。
品物によっては相手を不快にさせてしまう場合もありますし、マナー違反になってしまう場合もあります。
相手に不快な思いをさせてしまっては本末転倒なので気を付けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの際に使用するのし袋について
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いののし紙について等
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いについてのしの書き方
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いを贈る際ののしの表書きなどのマナーについて
退院祝いのマナーについてです。