退院祝い 父親

父親におすすめの退院祝いとは

スポンサーリンク
 

 退院祝いを贈るときは、贈る品物や時期、金額などに注意しなければなりません。
父親の退院祝いの場合は、気心のしれた仲ということもあり、何が必要か直接聞くのもよいでしょう。
父親は最も濃い血縁者の一人のため、金額としては五千円から一万円ほどと高めの金額がふさわしいでしょう。
ただ、子供に大きな負担をさせたくないと考える父親も多いので、そのような考え方を持つ人に贈るのならば三千円ほどを目安に選ぶ方が喜ばれることもあります。
退院祝いに贈る品物としては、直接ほしいものがあるのならばそれを贈るのが一番です。
聞いても気兼ねしない間柄なので、直接尋ねてもよいでしょう。
何もいらないといわれ、それでも贈りたいという場合はいわゆる定番物がおすすめです。
定番の退院祝いとは、花、食品、洗剤などです。
花は明るい色味で鉢付きでなく、不幸を連想させないものがよいでしょう。
食品の場合は、食事制限がないかどうかを確認してから選ぶ点に注意しなければなりません。

スポンサーリンク

糖尿病の既往があったり、胃や食道、腸などの病気だった場合は、食べられない食品はないか聞いてから贈るとよいでしょう。
父親に直接聞くよりも、看病やお世話をすることになる母親などに聞く方が確実なこともあります。
医師や管理栄養士に聞くのも確実です。
わからなければ、日持ちのする乾麺や缶詰などがよいでしょう。
看病する人をねぎらう気持ちでお菓子を差し入れするのも悪くはありません。
食事制限があったり、直接父親や母親に聞けなかったりする場合は、石鹸や洗剤などが確実な退院祝いです。
必ず使うものですし、悪くなる心配もなくもらった方も負担にならないためです。
また、退院祝いといってもまだ自宅で療養する必要があることも少なくありません。
父親への退院祝いならば、その後の療養生活の助けとなるような品物もよいでしょう。
パジャマや靴下、タオルなどもあると助かります。
父親ならば好みも聞けるので、なるべく趣味や好みを聞いてから選ぶと間違いありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加