退院祝い 親

自分の親に退院祝いを贈る時の注意点

スポンサーリンク
 

 通常知人や同僚などに退院祝いを贈る場合においては、数日から1ヶ月以内に返事やプレゼントを渡すことがマナーとなっています。
しかしそれが自分の親である場合には、退院祝いにおけるマナーが少し異なります。
自分の親に対する退院祝いをする場合には、出来るだけ早く祝福することが大切です。
通常自分の親の入院時であれば、すぐに身内に連絡が行くことが一般的です。
なので親の退院祝いをする場合においても、退院後すぐに行うことがマナーとなっています。
またどうしてもすぐに行うことが出来ない場合には、出来るだけ早く祝福する必要があります。
さらに遠くに住んでいて一緒に祝うことが出来ない時には、メールや電話などでいち早く祝福することが大切です。
何らかの方法ですぐに退院祝いをすることによって、自分の親に対する祝福や連絡することが出来ます。
このように知人や同僚ではなく自分の親の場合には、1ヶ月以内ではなく早急に祝福することがポイントです。

スポンサーリンク

 自分の親に対する退院祝いをする場合において出来るだけ早く祝福することが大切ですが、金額や相場も少し異なります。
親に対する退院祝いを贈る場合においては、金額や相場については1万円前後と決まっています。
またお金を直接渡すという方法ではなく、1万円前後の価値がある商品をプレゼントすることが大切です。
通常の場合にはタオルやフルーツなどの詰め合わせとなりますが、親の退院祝いの場合には別の商品でも大丈夫です。
特に趣味や好きな物を贈ることが可能なので、この点が知人や同僚などとは大きく異なっている特徴となります。
家庭菜園が趣味であれば枝切りハサミなどをプレゼントして、旅行が好きな場合には旅行券といった金券もピッタリです。
ただまったく注意点がないわけでもなく、不幸や災いを感じさせるような商品はプレゼントしないように注意が必要です。
シーツや布団といった寝具類や菊の花などについては、縁起が悪い商品となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加