退院祝い 身内

身内に対する退院祝いのポイントとは

スポンサーリンク
 

 自分の身内が怪我や事故などで入院をして無事完治出来た時に、早急に退院祝いを贈る必要があります。
その際のポイントについて説明していくと、身内の場合には5千円から1万円以内の商品を贈るのが最適です。
一般的な退院祝いの相場は数千円からとなりますが、これが身内になると5千円からとなることが多いです。
また身内の場合には親しい間柄であることが多いので、出来るだけ早く退院祝いや祝福をする必要があります。
さらに退院祝いをする時には、必ず現金ではなく商品でプレゼントすることも必須です。
あくまでも5千円から1万円以内の商品を贈ることが必要なので、現金を渡すことは極力避けた方が良いです。
ですがどうしても贈りたい商品が決まらない時には、商品券や旅行券といった金券をプレゼントするのも良いです。
金券であれば現金とは違う商品となっているので、退院祝いの品として安心して贈ることも可能です。
なお金券を身内に贈る場合には、きちんと封筒や専用の袋などに入れて渡す必要があります。

スポンサーリンク

 身内に退院祝いの品をプレゼントする時には、5千円から1万円以内の商品を贈ることがマナーとなっています。
ですが知人や友人ではなく身内という関係になるので、退院祝いに贈る商品について趣味に直結する品でも大丈夫です。
これが知人や友人とは大きく異なっている点となり、身内や親族のみに贈っても良い商品やプレゼントとなります。
特に親しい間柄であれば、相手の趣味や性格についても熟知しているケースが多いのが特徴です。
なので自然と相手が喜びそうなプレゼントもイメージしやすいので、そういったことを考慮することも可能です。
ただ5千円から1万円以内の商品にすることが重要となっており、あまり安すぎたり高すぎる品は贈らないように注意が必要です。
特に高級品は退院祝いで贈る必要はないので、その点は間違えないようにする必要があります。
また身内であっても性格や趣味が分からない場合には、タオルや果物などの詰め合わせを退院祝いに贈ることも可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加