退院祝い お金

退院祝いでお金を送るときのマナー

スポンサーリンク
 

 病気が治ったときの退院祝いに送る品物には色々とありますが、中でも現金は喜ばれる贈り物として人気のある退院祝いです。
退院祝いを送る際にはさまざまなマナーがあり、お金を送る場合にも一定のルールがあります。
特にお金を送る際の欠かせないポイントとしては、おろしたての新札を用意することで、相手にとっても縁起の良い物のため特に喜ばれます。
退院後一か月以内に送るのが一般的な決まり事で、それ以降の場合には全快祝いとなり、そういった違いもしっかりと心得ておくことが肝心です。
めでたいことを祝うのが退院祝いなので、より景気よく祝うことが重要ですが、そういった意味でもお金を送ることは最適の手段です。
心を込めてギフトを送ることも大切ですが、使い道の多いお金の方が退院したての人には大きな力となります。
祝いの際に送る金額の相場に関しても、十分に把握しておくことが大切で、4000円前後が基本的な退院祝いの相場金額になっています。

スポンサーリンク

退院祝いは上司が部下に送るという形式が多く、それ以外にも親しい知人に送るケースがあります。
退院祝いを送ることで人間関係を良好に保つことが出来るようになり、そういった意味でもお金を送るのが推奨されています。
お金を送る際のマナーとしては、上記以外にも様々なものがありますが、お金を入れる際も特に留意するポイントです。
お札を封筒に入れる際には、ピンと真っすぐなお札を折らないで入れるのがお金を送るときの鉄則で、ピンとした真っすぐのお札は退院した人が元気に回復することを祈願する意味合いも持ち合わせています。
お札を入れる場合の祝儀袋にもこだわることで、相手にもより大きな好印象を与えることが出来、水引の結び方も基本を守ることによって、より縁起を担ぐことにもつながります。
基本的には退院祝いの際には結び切りで結ぶのが良いとされていますが、場合によっては紐の無い無地の封筒のみでお祝い用のお札を包む人も多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加