退院祝い 時期

一般的な退院祝いをする時期について

スポンサーリンク
 

 日本でお祝い事に利用することが多い退院祝いを相手に贈る場合において、相手が退院してから1ヶ月以内に伝えることが大切です。
この時期が最も退院祝いをする機会が多くなっており、相手にも失礼なないタイミングで商品を贈ることも出来ます。
退院祝いをする相手にもよりますが、身内や親族などが退院した時には出来るだけ早く伝えることが大切です。
この場合には時期に関係なく早めに伝えることで、退院祝いという形で祝福することが出来ます。
あくまでも1ヶ月以内に伝えるのが良いとされていますが、時期的に退院後すぐに祝福しても問題はないです。
逆に身内や親族といった近い関係の場合には、時期に関係なく早めに祝福することがマナーとなっています。
ですが一部例外もあり、身内や親族の誰かが海外など遠くに滞在しているケースとなります。
この場合には日本と時差が異なってしまう国もあるので、その場合には時期が少し遅れてしまっても問題ないです。

スポンサーリンク

 通常退院祝いをする時期として1ヶ月以内が良いとされていますが、退院直後や数日後に行っても問題はないです。
そこで退院祝いに適した商品を紹介していくと、贈る時期に関係なく縁起物が良いとされています。
日本で縁起物として認識されている商品として、タオルや石鹸などの品が該当します。
これらの商品には不幸や厄を洗い流すと言い伝えられているため、退院祝いのギフト品としてピッタリです。
またお菓子やフルーツの詰め合わせといった食べ物も、相手の健康を祝うという意味が込められています。
なので何を贈るか迷った時には、これらの商品や食べ物などをプレゼントすれば大丈夫です。
逆に退院祝いに贈ってはいけない商品もあり、花や布団などは原則プレゼントしないように注意が必要です。
特に菊の花は死や不幸を暗示させるので、退院祝いには絶対に贈ってはいけない商品となります。
知人や身内などが退院した時には、これらのことを意識しながら商品選びをしていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加