退院祝い メール

退院祝いに送るメールについて

スポンサーリンク
 

 友人や同僚などが事故や病気などで入院した時に、無事完治した後に退院祝いを贈る習慣が日本にはあります。
商品ではなくメールで退院祝いをすることもありますが、ポイントとして相手を気遣うことが大切です。
色々と伝えたい何らかの事情があった場合にも、退院祝いに送るメールではそのことは伝えない方が良いです。
素直に事故や病気での治療が完了したことをお祝いする文章を送ることで、マナーを守った上でのメールを送信することが出来ます。
また退院祝いをメールで送る場合において、敬称を付けてお祝いすることも大切です。
相手が知人や友人であった場合には、苗字にさんを付けてメールを送信するように心掛けていきます。
一方で上司であった時には、役職名を明記して退院祝いのメールを送信することが大切です。
また職場に復帰して欲しいことを伝えつつも、退院したばかりの体をいたわることも伝えると良いです。
これが一般的な退院祝い時のメールのマナーとなっており、病院での治療が完了したことを素直に伝える文章を送ることがポイントです。

スポンサーリンク

 退院祝いをメールで送る場合のポイントとして、治療が無事完了したことを率直かつ関係に伝えることが大切です。
もう少し内容について詳しく説明していくと、次のポイントを意識しながらお祝いをしていきます。
1つめに重要なお知らせや内容については、可能な限りメールではなく電話や直接伝えた方が良いです。
アドレスが変更されていたり、何らかの事情で退院した相手が受け取ることが出来ないことがあります。
なので重要な情報を伝えたい時には、退院後に直接口頭で話すことが重要です。
そして2つめのポイントとして、機種依存文字については可能な限り使わないほうが良いです。
仮に対応していない携帯電話やパソコンなどで受け取った場合に、文字化けしてしまうことがあります。
そうなると肝心の内容を確認することが出来ないので、相手に不快感を与えてしまうことがあります。
よって重要な情報を伝えないことや、機種依存文字を使わないことを意識する必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの言葉をおくる場合には
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに贈りたい花言葉
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの言葉を贈る場合には
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いのプレゼントするお花に込められたメッセージについて
退院祝いのマナーについてです。