退院祝い 手紙 文例

退院祝いの手紙の文例や注意点について

スポンサーリンク
 

 退院祝いの手紙は退院したことをともに喜び、またこれからをいたわるものでもあります。
退院祝いの手紙では退院されたことを喜ぶ気持ちや安堵する気持ちを伝えましょう。
病気の再発や不安などのマイナスになってしまうことや社会復帰をせかすなどプレッシャーを与えてしまう表現をしてしまわないように気を付けましょう。
退院祝いの手紙の文例としては、まず無事に退院されたことを喜ぶ言葉から始めます。
次にご家族の方へのいたわりの言葉などを表して、今後へのいたわりの言葉や励ましの言葉などを表します。
最後に結びの言葉を入れて手紙を終わらせましょう。
これが退院祝いの手紙の一般的な文例となります。
退院祝いの手紙の文例は基本的には上記のとおりに構成すれば問題はありませんが、手紙を送る相手との関係性や相手の体調によってはふさわしい表現が変わってくるため注意が必要です。
相手の立場を考えて不快な思いをさせないように注意し、相手を気遣う気持ちを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

退院祝いの手紙を送る際には、ただ手放しで退院したことを喜ぶ表現だけを表すのではなく、入院生活へのいたわりや今後への励ましの言葉などを表現して健康と本復を祈る内容にしましょう。
退院祝いの基本的な文例としては、初めに退院を祝う言葉を入れます。
次に家族の方へのいたわりの気持ちを表しそれから今後へのいたわりや励ましの言葉を入れましょう。
最後に結びの言葉を入れて終わらせます。
これが一般的な退院祝いの手紙の文例となります。
また基本的には用件だけを伝えるシンプルな構成になるようにしましょう。
また文例以外にも相手との関係性によっては使用する表現が変わってくるため、注意しましょう。
常識的な文例を守ることも大切ですが、それ以上に相手にプレッシャーをかけたり不安にさせたりするような表現は避けましょう。
また電話で退院祝いを祝うという方法は避けたほうが良いとされています。
なぜなら電話だと相手を電話口に呼び出してしまう形になってしまうため負担をかけてしまいます。
あくまで相手の退院を祝うことが目的なので、相手に負担をかけるようなことはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの礼状の参考情報が増えています
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの例文を参考にする際の注意点
退院祝いのマナーについてです。