退院祝い お返し 金額

退院祝いのお返し金額について

スポンサーリンク
 

 何らかの事情で病院に入院をした場合に後日退院することになった場合に、退院祝いとして一定のお金を受け取ることがあります。
その場合には退院祝いのお返しをする必要がありますが、その金額の相場としてお見舞い金の半額程度となっています。
退院祝いをするタイミングは出来るだけ早い方が良く、数日から1週間前後にお返しすることが多いです。
金額はお見舞い金などの半額程度となっているため、比較的出費を抑えることが出来ます。
個人から受け取った場合はその人にお返しするのが良いですが、会社などで受け取った場合には少し異なります。
この場合の金額は共通していますが、お返しする際に会社の人全員で食べられるものを送るのが良いです。
お金や金券を送る必要はないため、退院祝いには食べ物やタオルなどの消耗品を送るのが効果的です。
そのため後日会社に出社した時に、退院祝いのお返しとしてお礼を言うとともにお菓子の詰め合わせなどをプレゼントするのが良いです。

スポンサーリンク

 退院祝いのお返しをする際の金額はお見舞い金の半額程度が相場となっており、送る商品については一定の決まりがあります。
確かに金額についても重要なポイントですが、基本的に縁起が良い商品をお返しすることが大切です。
病気や怪我が後に残らないという縁起をこめて、退院祝いには食べ物やハンカチやタオルなどの消耗品が最適です。
金額に合わせて商品を送ることがポイントですが、百貨店やデパートなどで購入や注文することが出来ます。
お返し金額に合わせて商品選びが出来るため、初めての場合には店員と相談して決めるという方法もあります。
商品のお返しについては、出来るだけ手渡しで送ることがマナーとなっています。
直接手渡しをすることによって、きちんと退院祝いでのお礼を返すことも出来ます。
しかし遠方に住んでいる人や個人的な付き合いがない場合においては、商品発送という形でも大丈夫です。
またどんなに遅くても、退院してから1ヶ月以内には行う必要があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いのお返しの文例について
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いのお返しはどんな商品が良いのか
退院祝いのマナーについてです。