退院祝い 新札

退院祝いに現金を贈る時には新札を使用する

スポンサーリンク
 

通常退院祝いを相手に贈る場合において、石鹸やタオルといった厄を払う縁起物をプレゼントすることが多いです。
しかし中には封筒に現金を入れて渡すというケースもあり、その場合には必ず新札を用意する必要があります。
その理由について説明していくと、退院祝いのようなお祝い事にはまだ使用されていないお札を相手に渡すというマナーがあります。
そのために新札が退院祝いに必要となり、それを封筒に入れることでマナー違反せずに贈ることが出来ます。
新札は銀行や郵便局の窓口で旧札と交換してくれるため、それを利用して事前に用意しておきます。
銀行などの窓口は平日しか開いていないので、なるべく早めに準備または用意しておくことがポイントです。
また退院祝いに新札を相手に渡すことによって、素直に退院したことや完治したことを喜ぶ気持ちを伝えることも出来ます。
このような理由から退院祝いにお金を贈る場合には、多少手間や時間がかかっても旧札ではなく新札を渡す必要があります。

スポンサーリンク

 お金を退院祝いに渡す場合のポイントとして、必ず旧札ではなく新札を用意しなければいけないということです。
通常は銀行もしくは郵便局の窓口で旧札と新札を交換してくれますが、それ以外の方法でも対応は可能です。
銀行や郵便局などの窓口の営業時間外に行う場合には、ATMを使って新札に両替することも可能です。
退院祝いに必ず必要なので、両替時に新札指定をすることによって入手することが出来ます。
ただすべての金融機関で出来る操作ではないため、その場合にはデパートや百貨店で両替することも可能です。
しかしこちらの方法では金融機関に比べて、確実に両替してくれる可能性は低くなっています。
お願いをする場所についても、レジではなくサービスカウンターで依頼することがポイントです。
レジだと他にも使用している人がいるため、サービスカウンターで頼むと両替してくれることがあります。
なのでどうしても金融機関の窓口を利用出来ない時には、これらの方法で両替することも可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いに贈る商品の金額や相場について
退院祝いのマナーについてです。