退院祝いの言葉

退院祝いの言葉を贈る場合には

スポンサーリンク
 

 退院祝いの言葉を手紙でおくる場合には、喜びだけでなくいたわりの気持ちもあらわす必要があります。
ただ手放しで喜ぶだけではなく、それまでの入院生活での辛さや苦労などを思いやり、これからの生活への励ましや全快を祈る表現などを退院祝いの言葉としておくるようにしましょう。
手紙で退院祝いの言葉をおくる場合には、初めに退院や全快を祝う言葉を入れましょう。
次に家族の方へのいたわりの言葉を入れて、それから今後をいたわる言葉や励ます言葉などをおくります。
最後に結びの言葉で終わりましょう。
基本的に退院や快気祝いで金品を贈る必要はありません。
お見舞いを贈った場合にはなおさらですが、親しい間柄の相手なら本人の好きなものや食品や花などをお祝いとして届けるのも良いでしょう。
退院祝いの言葉の言葉をおくる場合にはただ「退院おめでとうございます」と祝う言葉だけではなく、「ご自愛ください」「お体を大切に」など相手を気遣う言葉もおくりましょう。

スポンサーリンク

退院祝いの言葉を手紙でおくる場合には、退院を祝う言葉だけでなく退院する本人やその家族の方へのいたわりの言葉も贈るようにしましょう。
退院祝いの言葉をおくる場合には結婚や出産などの手放しで喜べる場合とは違い、相手へのいたわりの気持ちを込めた落ち着いたものが求められます。
退院祝いの言葉を手紙で贈る場合の例としては、まず「ご退院おめでとうございます」などの退院を祝う言葉を書き、次に「ご家族の皆様にもあわせてお祝いを申し上げます」といった家族を気遣う言葉を入れましょう。
それから「ご自愛ください」「お体を大切に」といった相手を気遣う言葉を書きましょう。
これらの言葉を記入し最後に結びの言葉を入れて手紙を終わらせるようにするのが、一般的な退院祝いの手紙の書き方とされています。
退院祝いの言葉をおくる場合には電話よりも手紙の方が良いとされています。
なぜなら電話の場合には体調が万全でない相手を呼び出す形になってしまう場合もありますが、手紙なら相手の都合の良いときに読んでもらえるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの言葉をおくる場合には
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに贈りたい花言葉
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに送るメールについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いのプレゼントするお花に込められたメッセージについて
退院祝いのマナーについてです。