退院祝い のし 表書き

退院祝いを贈る際ののしの表書きなどのマナーについて

スポンサーリンク
 

 退院祝いを贈る際には様々なマナーが存在します。
のしの表書きの書き方や使用するのしの種類など様々なものがあるため、マナー違反をしないようにあらかじめ情報をきちんと知りましょう。
まず退院祝いを贈る際にはのしは紅白結び切りののしを使用します。
退院祝いはめでたいことではありますが、病気や怪我といった災いは二度と来ないほうが良いことです。
そのため「二度と繰り返さないように」という意味合いを込めて紅白の結びきりを使用します。
それから表書きの書き方としてはのしのうえに「祝 御退院」と書き、下に送り主の名前を書くのが一般的とされています。
「祝 御退院」という書き方は全快した状態の場合でも通院や療養などが必要な状態でも使うことができるため、無難です。
このように退院祝いを贈る場合にはのしの表書きや、使用するのしの種類などに気を付けましょう。
特に職場関係の相手に贈る場合にマナー違反があってしまうと、トラブルになる可能性もあるため気を付けましょう。

スポンサーリンク

退院祝いを贈る場合にもさまざまなマナーが存在します。
あらかじめ情報を調べてマナー違反がないようにしましょう。
退院祝いを贈る相手との関係によってはマナー違反をしてしまうことで人間関係に支障がある場合もあるため注意しましょう。
退院祝いののしの表書きの書き方としては上部に「祝 御退院」と書き、下部に贈り主の名前を入れるのが一般的です。
名前は姓だけでもフルネームでもどちらでも問題ありません。
相手の状況によっては別の表書きの書き方もあります。
贈る相手が退院した段階で全快しているとわかっているのなら「祝 御全快(御快復)」と書く場合もありますし、療養や通院が必要な場合には「祈 御全快」と書く場合もあります。
前者では病気や怪我が全快したことをお祝いし、後者では1日も早く全快するようにという気持ちを表しています。
このように表書きを使い分ける場合もありますが。
相手の詳しい状態がわからない場合には表書きには「祝 御退院」と書いたほうが無難です。
マナー違反をして相手に不快な思いをさせないように注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの際に使用するのし袋について
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いののし紙について等
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いについてのしの書き方
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いを贈る場合ののし袋などのマナーについて
退院祝いのマナーについてです。