退院祝い のし紙

退院祝いののし紙について等

スポンサーリンク
 

 人間は生きているうちに何度も様々な疾患にかかる事があり、中には治療に長い時間を必要とする事もあります。
状態が重い場合には入院して治療となるケースも少なくなく、周囲の人達に心配をかけてしまう事も多いです。
しかし入院をしていると知人や友人がお見舞いに来てくれて、入院で滅入った心の良き支えとなってくれる事もあります。
  ちなみにお見舞いをする側の立場としては、お見舞いに行く際には何等かのお見舞いの品を贈る事になります。
入院している人が喜んでくれる物や負担とならない物を選ぶのが、お見舞い品の選択の際の重要なポイントだと言えます。
 一般的には入院している人の好みのお花やお菓子、退屈しのぎになる本や雑誌等を贈るのが良いとされています。
ただ疾患によっては食べ物等が制限されている事もあるので、状況をよく確認した上で品物を選ぶのが理想的です。
金額に関しては3000〜5000円程度が良いとされていて、それ以上になると相手の負担となる事もあります。

スポンサーリンク

 ちなみに入院している最中にお見舞いが間に合わなかった場合には、退院した時に退院祝いを贈るのが望ましいです。
退院祝いの金額に関してはお見舞いと基本的に同様で、数千円程度の品物を準備するのが一般的となっています。
退院祝いの中身については形が残らない物が良いと言われているので、お菓子や紅茶、商品券やギフトカタログ等が良いです。
贈るタイミングに関しては相手が退院してから1週間程度してから、あらかじめ連絡をした上で届けるのが理想的と言えます。
 ちなみに退院祝いにはのし紙を付けるのが基本となっているので、そののし紙の選び方も知っておく事が大切になります。
退院祝いののし紙として良いのは、紅白の結び切りののし紙を選ぶのが退院祝いにふさわしいとされています。
入院や退院は何度も繰り返すのは良くないので、一度結んだら解けない結びきりののし紙が良いのです。
 退院祝いののし紙の表書きは「祝ご退院」や、「祝ご快復」等とするのが基本となっています。
のし紙の選択を間違えると相手に対してとても失礼となるので、よく確認の上で選ぶ事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの際に使用するのし袋について
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いについてのしの書き方
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いを贈る際ののしの表書きなどのマナーについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いを贈る場合ののし袋などのマナーについて
退院祝いのマナーについてです。