退院祝い 花 言葉

退院祝いに贈りたい花言葉

スポンサーリンク
 

 入院していた人の退院祝いに花を贈りたいという人は多くいると思いますが、花を送るにしてもタイミングや贈ってはいけない花、喜ばれる花などをきちんと把握して贈りたいものです。
まず、退院祝いを贈るタイミングとしては、退院してすぐではなく落ち着いてからの方が良いため7〜10日程度くらいは間を空けてから贈る方が無難といえます。
暦も大安などの良い日を選ぶことがオススメです。
退院祝いに食べ物などを贈って元気になってもらいたいという人もいるかと思いますが、病気や薬によっては食べられないものもあるため、退院祝いでは食べ物ではなく目で楽しめる花が相手方にも負担にならない贈り物になります。
贈るものとしは生花が一般的です。
プリザーブドフラワーは長期間楽しめるものとして人気になっていますが、長持ちするということは病気や怪我が長引いてしまうという意味にも捉えられてしまうため退院祝いとしては注意が必要です。
また、鉢植えなども避けたほうが良いとされています。

スポンサーリンク

退院祝いに花を贈ることは一般的ですが、マナーとして花言葉や色、香りにも注意が必要です。
白や青、紫系の色はお悔やみなどに使われることが多いため差し色として使う以外には避けたほうがよく、ピンクや黄色、オレンジなどの明るい色を使うようにします。
香りも百合など強いものは不向きになります。
退院祝いに相応しくない言葉としては、キンセンカは見た目は可愛らしいですが言葉としては「別れの悲しみ」「失望」などの意味があり、カーネーションの黄色は「拒絶」や「軽蔑」、マリーゴールドは「嫉妬」や「悲しみ」など種類や色によってはネガティブな言葉があるためなるべく避けるようにしていきます。
また言葉の語感や花の性質によっては死を連想させるシクラメンや椿、チューリップなども退院の祝うためには相応しくないとされています。
贈る場合にはポジティブな言葉があるオレンジのガーベラの「我慢強さ」やベゴニアの「幸福な日々」、カスミソウの「幸福」などがオススメです。
言葉にはいろいろなものがあるため退院祝いにふさわしいものを贈ることが大切となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの言葉をおくる場合には
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに送るメールについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの言葉を贈る場合には
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いのプレゼントするお花に込められたメッセージについて
退院祝いのマナーについてです。