退院祝い のし袋

退院祝いの際に使用するのし袋について

スポンサーリンク
 

 退院祝いを贈る場合にもさまざまなマナーが存在します。
のし袋の種類や表書きの書き方など様々なものが、存在するためあらかじめ情報を把握してマナー違反がないように注意しましょう。
まず退院祝いの際ののし袋は結び切りを使用します。
こののし袋には「二度と繰り返さない」という意味があるため退院祝いの際に使用します。
のし袋の水引の上部に「祝 御退院」と書き、下部に贈り主の名前を記入します。
名前は姓のみでもフルネームでもどちらでも問題ありません。
また上部に書く言葉は贈る相手の退院した時の状態によって変えることもありますが、詳しい状態がわからない場合や書き方に不安がある場合には「祝 御退院」と書く書き方が無難です。
のし袋は様々な種類があります。
特に仕事関係の相手や目上の方などに贈る場合に種類を間違えると、のちの関係に支障をきたしてしまう可能性もあります。
そのため退院祝いだけでなく様々な場面で、のし袋を使用する際には間違いがないように注意しましょう。

スポンサーリンク

退院祝いは病気や怪我で入院していた方が退院した際に贈るものです。
お見舞いが遅れてしまった場合にもお見舞いに代えて、退院祝いを贈ることがあります。
退院祝いの金額の相場はお見舞いと同様に3000〜5000円程度とされています。
またお見舞いの場合には現金を贈ることも珍しくありませんが、退院祝いの場合には品物を贈るケースが多いです。
退院祝いを贈る際にはのし袋は結婚祝いなどと同じ結びきりののし袋を使います。
病気やけがなどは繰り返したくない災いなのでお祝いではありますが「二度と繰り返さないように」という意味合いのある結びきりを使用します。
また贈るタイミングは退院後1週間〜1か月程度までに贈る方が良いとされています。
贈る相手が全快しているのなら「快復祝い」、通院や療養を続けているのなら「お見舞い」として贈るようにするとよいでしょう。
贈る相手との関係性によってはマナー違反をしてしまうと、人間関係に支障をきたしてしまう場合も考えられるため注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いののし紙について等
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いについてのしの書き方
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いを贈る際ののしの表書きなどのマナーについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いを贈る場合ののし袋などのマナーについて
退院祝いのマナーについてです。