退院祝い 果物

退院祝いには果物を贈るのが最適

スポンサーリンク
 

 知り合いや身内などが無事病院から退院した時には、祝福するという意味で退院祝いを贈る習慣が日本にはあります。
その中でも果物を贈ることによって、相手に喜ばれることが多いのがポイントです。
リンゴやミカンなどの果物には多くの栄養素が含まれているので、病気や病み上がりの体にはピッタリの食べ物となります。
退院祝いにも最適な商品となっており、日本では古くから果物をプレゼントするのが良い習慣と認識されています。
退院祝いとして果物を購入する場合には、スーパーではなくデパートや百貨店などで注文した方が良いです。
これらのお店であればカタログギフトがあるので、その中で退院祝いに最適な果物の詰め合わせを選ぶことが出来ます。
退院祝いに最適な果物が複数入っている商品なので、自分でスーパーに行って購入する手間を省くことが出来ます。
このような形で退院祝いを祝福することが、日本では昔からの習慣として行われている歴史があります。

スポンサーリンク

 退院祝いへのプレゼントは果物を贈るのが最適となっており、デパートや百貨店などでは詰め合わせセットも販売されています。
そこでもう少し詳しく説明していくと、果物を贈る場合には詰め合わせではなく高級フルーツをプレゼントするのも良いです。
退院祝いの金額の相場は10000円以内と決まっているので、高級メロンを1個まるごとプレゼントするのも有効です。
高級メロンなら1個だけでも数千円で販売されていることが多く、退院祝いのプレゼントとしてピッタリのフルーツです。
また旬のフルーツをたっぷりと使用したお菓子なども、ピッタリのプレゼントとなっています。
ですが果物を贈る際の注意点として、相手が退院後も食事制限を病院から指示されていないかとなります。
無事退院しても一定の食事制限を指導されることがあるので、その場合にはフルーツの詰め合わせなどは贈らない方が良いです。
このような事情がある時には、フルーツの代わりにタオルや石鹸などの縁起物を贈るのが最適です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加