退院祝い 花 マナー

退院祝いに花を贈る場合のマナーについて

スポンサーリンク
 

 お見舞いや退院祝いの際に花を贈る際のマナーとしてはまず鉢植えタイプの花は避けましょう。
鉢植えタイプの花は植物が土に根を下ろしていることから、根付くすなわち寝付くという言葉を連想させるため縁起が良くないとされています。
そのためお見舞いや退院祝いの際のマナーとしては鉢植えタイプの花はNGとされています。
また縁起の良し悪しだけでなく花を受け取る相手の立場も考慮することも重要です。
花は見栄えも良いためお見舞いや退院祝いなどだけでなく様々な場面での贈り物としてメジャーですが、受け取った後には花瓶を用意して生けたり水替えをする必要もあるため注意しましょう。
ほかにも色や香りなど様々な注意すべきマナーがあります。
お見舞いや退院祝いなどで贈る場合にはきちんとマナーを守り、相手に不快感を与えないようにしましょう。
それからメッセージなどを添えて日ごろの感謝や応援の気持ちなどを伝えることで相手を元気づけましょう。

スポンサーリンク

お見舞いや退院祝いの際に花を贈る場合には注意が必要です。
まず一般的に鉢植えは根付くという言葉から寝付くという言葉を連想させてしまうため、縁起が悪くマナー違反とされています。
また色や香りにも気を配りましょう。
色に関するマナーとしては白や青や紫系のものはお悔やみの際に選ばれることが多いため避けたほうが良いとされてます。
お見舞いや退院祝いの場合には黄色やオレンジなどの明るく優しい色合いのものを選ぶ方が良いとされています。
ただ相手の好きな花が寒色系でそれを渡したい場合には「マナーはあるけど、あなたの好きなものだから」など一言添えるようにしましょう。
またお見舞いや退院祝いの際には香りの強いユリ、ストック、スイセンなどは避けましょう。
また香りだけでなくサイズにも気を配りましょう。
不安がある場合には購入する際に店員に相談してみるのも有効な方法の一つです。
それから日ごろの感謝や励ましのメッセージなどを添え相手を励ましましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの贈り物に花を贈るときのポイント
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの贈り物のマナーについて等
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの品としての石鹸について等
退院祝いのマナーについてです。