退院祝い 贈り物 マナー

退院祝いの贈り物のマナーについて等

スポンサーリンク
 

 私達は生きていく上で様々な病気にかかる事等があり、中には完治までに長い時間を必要とする事もあります。
状態が重い場合には入院して治療となるケースも少なくなく、周囲の人達に心配をかけてしまう事も多いです。
しかし入院していると友人や知人がお見舞いに来てくれる事もあり、気が滅入りそうな時に良き支えとなってくれます。
 ちなみにお見舞いに行く側に関しては何かしらのお見舞いの品を携えていくのが一般的となっています、お見舞いの品の具体的な内容についてはお菓子やお花、退屈しのぎの本や雑誌等を贈る事が多いとされています。
ただ、人それぞれに好みがありますし疾患によっては食べ物が制限されている事もあるので、きちんと確認して選ぶ事が大切です。
 また仕事等で忙しくてお見舞いに行くのが間に合わなかった場合には、退院後に退院祝いを贈るのが望ましいと言えます。
ただ退院祝いの贈り物を贈る際にはいくつかのマナーがあるので、きちんと心得ておく事が大切になります。

スポンサーリンク

 退院祝いの贈り物を贈る際のマナーに関して、まず一つ目としては予算を掛け過ぎない事が重要だと言えます。
一般的には3000〜10000円程度の贈り物を贈るのがマナーで、それ以上だと贈られた側の負担になるのでマナー違反になります。
 また退院祝いの贈り物の中身についてもマナーがあり、基本的に形に残らない物を贈るのが理想的です。
具体的にはお菓子や紅茶等の食べ物や石鹸等の消耗品、商品券等やギフトカタログ等が望ましいと言えます。
中には退院祝いの贈り物として現金を準備する人もいますが、相手の負担になる事もあるので出来れば品物にするのがマナーです。
 それ以外にも退院祝いの贈り物のマナーとしては、贈り物には紅白結び切りののし紙を付けるのが基本になります。
退院祝いの場合の表書きは状況等に合わせて、「祝ご退院」や「祝ご快復」等と記すのが一般的となっています。
ちなみに退院祝いの贈り物を渡すタイミングに関しては、相手が退院してから1週間程度経過してからが理想的と言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いの贈り物に花を贈るときのポイント
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに花を贈る場合のマナーについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの品としての石鹸について等
退院祝いのマナーについてです。