退院祝い 言葉

退院祝いの言葉をおくる場合には

スポンサーリンク
 

 退院祝いの言葉をおくる場合には、電話よりは手紙で贈ったほうが良いとされています。
電話で退院祝いの言葉を伝える場合には相手を電話口に呼び出す形になり、負担をかけてしまう可能性もあります。
しかし手紙の場合には相手の都合の良いときに読んでもらうことができます。
そのため退院祝いには手紙が良いとされています。
手紙で退院祝いをおくる場合には、単純に相手の退院を喜ぶ言葉だけでなく、相手やその家族の方をいたわる気持ちも伝えるようにしましょう。
退院祝いの言葉を手紙で贈る場合の文例としてはとしては、初めにお祝いの言葉を書き、次に家族を気遣う表現を入れます。
それから本人へのいたわりや励ましの言葉を入れてから、最後に結びの言葉を入れて手紙を終わらせましょう。
基本的に用件のみを伝えるシンプルな構成にします。
相手の回復を喜ぶのも大切ですが「ご自愛ください」や「ご退院安心しました」といった、いたわりの気持ちも伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

退院祝いは電話ではなく手紙で贈るのが一般的とされています。
電話の場合には相手に負担をかけてしまう場合も考えられますが、手紙なら相手の都合の良いときに読んでもらえるからです。
また退院祝いの手紙は結婚や出産などの手放しに喜べるものとは違い、退院を喜ぶ気持ちとともに相手をいたわった落ち着いた雰囲気が求められます。
相手の回復を喜ぶ言葉だけでなく、闘病や入院へのいたわりや今後の生活への励まし、ご家族の方へのいたわりの気持ちなどを書き、健康と本復を祈る表現を主体にするようにしましょう。
また退院祝いの手紙を送る場合には、基本的には金品でお祝いをする必要はありません。
入院中にお見舞いをしている場合にはなおさらです。
親しい間柄の相手なら本人の好きな食べ物や花などをお祝いとして届ける分には問題ありません。
元気な姿を見て安心したいからといって相手の都合を無視して、会いに行くのは避けましょう。
かえって負担をかけてしまっては意味がありませんし、相手がやつれた姿を見られたくないと思っている場合も考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

退院祝いに贈りたい花言葉
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いに送るメールについて
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いの言葉を贈る場合には
退院祝いのマナーについてです。
退院祝いのプレゼントするお花に込められたメッセージについて
退院祝いのマナーについてです。